無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |構想★ラリー・ウィリアムズの予測テクニック

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

構想★ラリー・ウィリアムズの予測テクニック

1.28という数値で行う、相場の転換点を探るサイクル分析です。
これをインジケーターに出来ないか考案中。

探してみたところ、ichartというソフトに実装している模様…。
(TDコンボも実装してるし、何気に凄いソフト(作者)かも)

今のところ考えているのは

n日間(著書には6日間くらい)の高値・安値を、TDポイントで探る。
TDポイントはTDライン(有名どころではmouteki)を描くのに
用いられているので、予測テクニックに必要なトップ、ボトム
を求めるのに、これを利用するという考えです。

*TDポイントは、mouteki系のインジケーター(trend newとか)で、ライン類を全部
 消せば、分かり易いと思います。。
 TDレベル1で、前後1営業日の真の高値・安値
 TDレベル2で、前後2営業日の真の高値・安値

n日間の高値・安値はTD Levelで簡単に変更可能なので、実現できれば
調整も容易ではないかと。

サイクル分析に必要なセットアップ条件は、

高値1→安値1→高値2 の組み合わせか
安値1→高値1→安値2 の組み合わせのみです。

高値1→高値2 というように連続して続いた場合、高値1はキャンセル
すると良いのかな?
(この現象はTDダブルポイントとか言うらしいです)
等々、色々考え込む点が多いです。

試しに、TDポイント(レベル5)を元にフィボナッチタイムゾーンで描画したのが、
下図。
高値1と2(青文字)と安値1(赤文字)より次の安値の時期が求められています。
TDレベルはあまり高すぎない方が、良いような気もします。

cycle.gif
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。