無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |自作★Smash-Day

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自作★Smash-Day

ラリー・ウィリアムズの短期売買法に載っている
隠れたスマッシュ・ディのシグナルと価格帯をラインで表示させる
インジケーターです。

*短期売買法では、例の図に4本値で書かれていないため、当初
 私はシグナルを誤解していました。

ライン表示には、以前のTDSTをそのまま利用しています。
(ラインは無い方が見やすいかもしれません)
シグナルは売買(逆指値)すべき方向を表しています。

smashday.gif


ラリーのルールでは、75%と25%という引け値で考えますが、
これを調整可能にしています。

MultiplicationValueB=25(買い)
MultiplicationValueS=75(売り)
でそれぞれ調整可能です。

MultiplicationValueBを増やす
MultiplicationValueSを減らす
とシグナルの出現頻度が増えます。

*多少調整したところで、短期時間枠にはあまり出現しないと
思います。

この戦法のありがたいことは、仕掛けが間違っていた場合、
逆指値が執行されずに助かることが多い事です。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。