無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |自作★TDスプリング 考案1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自作★TDスプリング 考案1

TD Spring_v0.11b_sig(Demark).mq4

一応作ってみましたが、これで正しい物かどうか自身がありません。

設定が少々分かりにくいかもしれませんので、簡単に説明します。

今回作成したTDスプリングは、
a.ComparisonPeriod1?ComparisonPeriod1bの期間のレンジ

b.ComparisonPeriod2?ComparisonPeriod2bの期間のレンジ
を比較して価格収縮(スプリングが縮みブレイクするところ)
を探します。
(b > a の場所を探します。)


デフォルト設定値で説明しますと
?1期間前?3期間前の価格レンジが
?4期間前?7期間前の価格レンジに納まっているところが見つかり
ますと、1期間前?3期間前の価格レンジを基準価格として、
それに、MultiplicationValue(初期設定0.382)を掛けます。
その値を、当日の始値に足し、ブレイクした物を*で表示します。

分かり易いブレイクアウト(ろうそく足の実体)を*黒表示。
価格消耗と思われるもの(ろうそく足の実線)を*赤表示します。

売買シグナルは、TD REBOと同じ物を使用しています。

tdspring.gif



●設定上の注意点

ComparisonPeriod1b < ComparisonPeriod2
の数値で設定しないと、表示出来ないことです。

ComparisonPeriod1 = ComparisonPeriod1b
ComparisonPeriod2 = ComparisonPeriod2b
は可能です。
ComparisonPeriod1 と ComparisonPeriod1bをそれぞれ1
ComparisonPeriod1 と ComparisonPeriod1bをそれぞれ2にする事で、
1期間前の価格レンジと2期間前の価格レンジを比較するというように
設定出来ます。

尚、価格レンジは、真の高値、真の安値を適用しています。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。