無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |自作★TD Plurality(TD合成指標)テスト2

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自作★TD Plurality(TD合成指標)テスト2

TypeC

シグナルの発生ルールは同じですが、2つ合成要素
を増やしています(以前は2つで、今回で計4つ)。

8つまで試してみましたが、結果はスムージングされる
だけでしたので、別のロジックで試してみようと思います。

この(TypeC)売買シグナルの傾向ですが、多くのオシレーター同様
トレンドが発生すると、大敗します。

チャートを見ていて気がついたのですが、フィルターとして
トレンド指標の要素を組み込んだ場合、シグナルの精度が
良くなるかもしれません。

↓上がTypeCで下はTypeBです。

20070204152007.gif

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。