無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |価格パターン★値幅●基本パーツ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

価格パターン★値幅●基本パーツ

ボラティリティとも絡みますが、一応価格パターンの要素として
取り入れています。
主な組み合わせとして下記を考えています。

1.レンジ:高値?安値

2.真の値幅(トゥルーレンジ*):真の高値?真の安値により
  求められる値幅。

3.ヒゲの長さ
 陽線の場合、終値?高値(上ヒゲ)
       始値?安値(下ヒゲ)
 陰線の場合、高値?始値(上ヒゲ)
       終値?安値(下ヒゲ)

4.ろうそく足の実体の長さ
 陽線の場合、終値?始値
 陰線の場合、始値?終値

その他も有りますが、n日との関係とも絡みますので、基本パーツの
値幅については、これで全てとします。

*真の高値:当日の高値よりも前日の終値の方が高い場合、
 前日の終値を真の高値とします。
 前日の終値が当日の高値よりも安かった場合は、当日の
 高値を真の高値とします。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。