無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |分析法★3×3HLでトレンド分析

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C11] アイデア豊富

毎度アイデア豊富で勉強になります。
僕も、こんな風に作れたらいいなあと思います。

ところで、複数通貨間のサヤのグラフを表示ってできないでしょうか?
単純に2ペアでのポートフォリオで十分です。
しかし1:1の量比率でなくて、EURUSD=2:EURJPY=1とかを表示したいです。
さらにそのサヤグラフに、移動平均線やボリンジャーなどつけれると最高。

自分はEXCELでやるしか能がないのです。。が、EXCELのソルバーでそのサヤグラフの標準偏差が最低になるように、2ペアの取引量比率を決めて、サヤの結んで開いてをやっています。
でもそれだと日足でしかデータ更新ができない(面倒で・・)
MTでできれば、分足でも同様のサヤ取りができるのではと思いました。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : tatuya
  • URL
  • 編集

[C12] Re: アイデア豊富

コメントありがとうございます
殆ど返信していないので、管理人名(てか自分のHNだ)すら忘れていた有様です
日記帳状態でしたが、そういえば公開ブログでしたね>駄目すぎる

> ところで、複数通貨間のサヤのグラフを表示ってできないでしょうか?
> 単純に2ペアでのポートフォリオで十分です。
> しかし1:1の量比率でなくて、EURUSD=2:EURJPY=1とかを表示したいです。
> さらにそのサヤグラフに、移動平均線やボリンジャーなどつけれると最高。

鞘取りは、ナンピン多発してしまう印象があり不勉強でしたが、BBで統計的に
仕掛ければ、勝率上がりそうですね
FXでの鞘取りは関心が薄かったのですが、結構前に見かけた下記情報は何故か
気になり、保存していました。

● 円ドルユーロ・3大メジャー通貨の三角関係

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 横ばい
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 上昇

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 上昇
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 横ばい

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 下落
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 上昇(2倍)

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 横ばい
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 下落

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 下落
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 横ばい

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 上昇
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 下落(2倍)

(きちんと確かめていないので真偽不明ですが、次書こうと思っていたネタです。
書くのが面倒になるとこの場限りの話になりますが、
横ばいの組み合わせを排除すれば、2倍上下が残ります…つまり前回などに書いた保ち合いの
話に繋がる…と)

tatuyaさんアイディアのインジケーター化ですが、
USDindexや、S.B.T.さんのブログにあるオーバーレイチャートをベースにすれば、
作れる…かもしれません。
残念ながら私では力量不足のため、現状作れそうにありませんが、検討する価値
はありますね。

鞘取りに関して、ほとんど知識がありませんので
http://www.panrolling.com/books/gr/fxspread.html
この辺、勉強してみようとも思います。
  • 2007-06-15
  • 投稿者 : 閃石
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://amosite.blog63.fc2.com/tb.php/117-c8a15a51
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

分析法★3×3HLでトレンド分析

価格パターン分析の副産物です。

3期間高値移動平均線(以下高値線)
3期間安値移動平均線(以下安値線)
の2つで相場の状態を確認しようという考えです。

上昇トレンドの見極めは、高値線を越えて引けている
(終値が超えるか)事を確認すること
下降トレンドの見極めは、安値線を越えて引けている
事を確認すること
がそれぞれ必要と考えます。

* 終値で踏み越えるか否かを必要としています。

この高値線、安値線を越えられずに留まる状態を、
保ち合いと定義します。
保ち合いと後に判断されるには2期間以上が必要と考えます。
保ち合いの具体例としては、下図(丸を付けた部分)を、ご参照
ください。

3x3hl.jpg


そんなわけで、Double ring Count UPと似ています。
(こちらの方がカウントが容易と思われます)

具体的にどのように利用できそうかというと…

1.トレンドの方向を確認するのに使う(長期分析)。

2.踏み越えていった逆を張る(短期戦略)。
* 押し目を狙うときの使い方です

3.急落後の底値固めを確認するのに使う。

4.オシレーターと合わせて使う。


単純ですが、他にも広く応用できそうです。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C11] アイデア豊富

毎度アイデア豊富で勉強になります。
僕も、こんな風に作れたらいいなあと思います。

ところで、複数通貨間のサヤのグラフを表示ってできないでしょうか?
単純に2ペアでのポートフォリオで十分です。
しかし1:1の量比率でなくて、EURUSD=2:EURJPY=1とかを表示したいです。
さらにそのサヤグラフに、移動平均線やボリンジャーなどつけれると最高。

自分はEXCELでやるしか能がないのです。。が、EXCELのソルバーでそのサヤグラフの標準偏差が最低になるように、2ペアの取引量比率を決めて、サヤの結んで開いてをやっています。
でもそれだと日足でしかデータ更新ができない(面倒で・・)
MTでできれば、分足でも同様のサヤ取りができるのではと思いました。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : tatuya
  • URL
  • 編集

[C12] Re: アイデア豊富

コメントありがとうございます
殆ど返信していないので、管理人名(てか自分のHNだ)すら忘れていた有様です
日記帳状態でしたが、そういえば公開ブログでしたね>駄目すぎる

> ところで、複数通貨間のサヤのグラフを表示ってできないでしょうか?
> 単純に2ペアでのポートフォリオで十分です。
> しかし1:1の量比率でなくて、EURUSD=2:EURJPY=1とかを表示したいです。
> さらにそのサヤグラフに、移動平均線やボリンジャーなどつけれると最高。

鞘取りは、ナンピン多発してしまう印象があり不勉強でしたが、BBで統計的に
仕掛ければ、勝率上がりそうですね
FXでの鞘取りは関心が薄かったのですが、結構前に見かけた下記情報は何故か
気になり、保存していました。

● 円ドルユーロ・3大メジャー通貨の三角関係

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 横ばい
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 上昇

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 上昇
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 横ばい

ユーロ円 = 上昇
ドル円 = 下落
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 上昇(2倍)

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 横ばい
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 下落

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 下落
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 横ばい

ユーロ円 = 下落
ドル円 = 上昇
・・・・・・・・・・・・・・・・ ユーロドル = 下落(2倍)

(きちんと確かめていないので真偽不明ですが、次書こうと思っていたネタです。
書くのが面倒になるとこの場限りの話になりますが、
横ばいの組み合わせを排除すれば、2倍上下が残ります…つまり前回などに書いた保ち合いの
話に繋がる…と)

tatuyaさんアイディアのインジケーター化ですが、
USDindexや、S.B.T.さんのブログにあるオーバーレイチャートをベースにすれば、
作れる…かもしれません。
残念ながら私では力量不足のため、現状作れそうにありませんが、検討する価値
はありますね。

鞘取りに関して、ほとんど知識がありませんので
http://www.panrolling.com/books/gr/fxspread.html
この辺、勉強してみようとも思います。
  • 2007-06-15
  • 投稿者 : 閃石
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://amosite.blog63.fc2.com/tb.php/117-c8a15a51
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索