無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |分析法★市場トレンドライン

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

分析法★市場トレンドライン

一定の時間内に限定し、トレンドラインを描画しようという考えです。
対象は、2パターンを考えていまして
? ロンドン市場(時間)→東京市場(時間)。
? ロンドン(前々日)→ロンドン(前日)
他にも色々な組み合わせが考えられると思います


■分析方法

各市場の高値同士、安値同士をトレンドラインで結びます。
一例を記載します。
時間枠は1時間くらいが適当だと思います。
青い囲みがロンドン時間
赤い囲みが東京時間
を表しています。正確な時間帯を示している自信はありません。

まず、?の描画パターンでトレンドラインを描きます。
先が広がるメガホン型の描画パターンの場合(下図参照)
trendline1.gif

続いて、?の描画パターンを試みます(下図参照)。
trendline2.gif


一部重複している時間帯がありますが、今回はロンドン時間を
優先します。
赤線で記載したものが追加ラインです。
その後の価格変動です。
当初?の青ラインの上線が抵抗線になり、
?の赤ラインの下線をブレイクアウトし、下落しました(下図)。
trendline3.gif


ブレイクアウト以外に、トレンド分析にも使えると思います。
その他、具体的な分析方法は検討中です。

この単純な手法ですが、i-Sessions2を使うと各市場時間は区別しやすいです。
(時間帯は自分で指定する必要有り)
市場の時間については、
これで間違いない
という自信がありません。
今回例で示した時間帯は
ロンドン 10:00?19:00
東京 2:00?11:00
という時間を想定しています(FXDD)。

尚、i-Session2の仕様上、
10:00?19:00は、9:59?19:00
2:00?11:00は、1:59?11:00
とした方が良いです。
東京とロンドンの重複する時間をどうするかとか、同じ安値や高値を
付けた場合はどうするか?など具体的な事は決めていません。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。