無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |構想★ラリー・ウィリアムズの予測テクニック?(派生)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C6] これは。。

バックテストによる一括検証を今の私では行えません。
が、日々のトレードの参考にさせていただきます。
これまで、トップ・ボトムは、上の時間足のチャートで決めて、フィナボッチと1.28を利用してトップ・ボトムの予測日柄のラインを引き、下の時間足で参考に使用してきました。

ファイト!

[C7] すみません、コメント修正版です

これまで、トップ・ボトムは、上の時間足のチャートでFlactalsなど決めて、そこを起点と決めてフィボナッチまたは1.28を掛けて、トップ・ボトムの予測日柄のラインを引き、下の時間足で参考に使用してきました。



(酔ってるのか、修正削除できずに何度も書いてしまったので、消してください)
  • 2007-03-18
  • 投稿者 : tatuya
  • URL
  • 編集

[C8] すこし酔いが覚めました

日柄に冠する書物は少ないと思います。
日本人では四方田という方の本しか、敢えて触れられていないと思っています。
(一目均衡表で)

日柄興味あります。
ZIGZAGとか、ハーモニックパターンとか、1_2_3patternとか、オメガチャートとか、値動きだけでなく、日柄にもなんかあると助かります。

転換点だけでいいんです。
そこで両建てすればいいんですから。
日々、変わると思うけど、いつもいつもカタイの見つけて大きく張って、スパッと損キリすれば、儲かるかな?
とも思ってみる今日この頃ですが、そうは言っても・・怖いっしょ。。

[C9]

コメントありがとう御座います。
よくよく考えてみたら、ある期間の最高値・最安値から、
それぞれ連続しない交互のパターンを取り出すのですから、
ある程度機能するのは、当たり前なのかもしれません。
他に用いるのは、ZigZagでも良さそうですし、仰るとおりその結果を
何に使えるかが問題ですね。
これだけでトレードするのは、確かに怖すぎます。(--;
  • 2007-03-19
  • 投稿者 : 閃石
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

構想★ラリー・ウィリアムズの予測テクニック?(派生)

予測テクニックに用いるトップ・ボトムをTDポイント以外の方法で
求める方法を考案してみました。

・使用インジケーター
用いるのは、高値・安値単純移動平均線1期間(ラインチャート)。
ただし、マルチタイムフレームで長期時間枠を描画します。
High-Lowのバンド系オシレーターでも可能と思われます。

一応、コレ専用のMTF移動平均線インジケーターを作りました。
MTF_Hi_low_MovingAverage_C1v0.mq4

以下は、30分足チャートでの予測方法です。

・インジケーターの設定

TimeFrameを240(4時間)にする。

・予測方法

1.4時間+4時間(計8時間)の枠の中で、
安値→高値→安値
高値→安値→高値

の組み合わせを探す。

後は、フィボナッチタイムゾーンを用い、以前に書いた方法で、転換点
を予想する。

少々複雑ですので、図で説明します。
下図は、セットアップキャンセル(予測に使用しない)です。
setumei-1.jpg


4Hr+4Hr=計8時間の時間枠を見てください。
青矢印が時間枠中の最高値。赤矢印が最安値です。

安値→高値→高値→安値
の組み合わせになっています。

次に、セットアップ(予測に使用する)条件です。
同じく4Hr+4Hr=計8時間の時間枠(下図)を見てください。
setumei-2.jpg

安値安値→高値→安値
の組み合わせになっています。

それでは実際にフィボナッチタイムゾーンを使用して、予測してみます。
フィボナッチタイムゾーンの使い方は前回を参照してください。
結果ですが、見事に高値の転換点を捉えることに成功しています。
setumei-3.gif


試しに、8回ほど他の高値・安値を用い、予測してみました。
直近の予測では、結果が重複することがたまにあります。
8回とも、大体の転換を捉えています。

setumei-4.gif

setumei-5.gif

setumei-6.gif

setumei-7.gif

setumei-8.gif

setumei-10.gif

setumei-9.gif

setumei-11.gif


検証に十分時間を取っていないので、偶々発生した状況なのかもしれません。
ですが、もしもある程度以上の再現性があるとしたら、画期的な発見であり、
トレードを行う上での優位性になります。
どなたか、検証にご協力戴ければ(出来れば結果をコメントください)幸いです。

尚、検証結果次第では、この記事は手動的に消滅します。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C6] これは。。

バックテストによる一括検証を今の私では行えません。
が、日々のトレードの参考にさせていただきます。
これまで、トップ・ボトムは、上の時間足のチャートで決めて、フィナボッチと1.28を利用してトップ・ボトムの予測日柄のラインを引き、下の時間足で参考に使用してきました。

ファイト!

[C7] すみません、コメント修正版です

これまで、トップ・ボトムは、上の時間足のチャートでFlactalsなど決めて、そこを起点と決めてフィボナッチまたは1.28を掛けて、トップ・ボトムの予測日柄のラインを引き、下の時間足で参考に使用してきました。



(酔ってるのか、修正削除できずに何度も書いてしまったので、消してください)
  • 2007-03-18
  • 投稿者 : tatuya
  • URL
  • 編集

[C8] すこし酔いが覚めました

日柄に冠する書物は少ないと思います。
日本人では四方田という方の本しか、敢えて触れられていないと思っています。
(一目均衡表で)

日柄興味あります。
ZIGZAGとか、ハーモニックパターンとか、1_2_3patternとか、オメガチャートとか、値動きだけでなく、日柄にもなんかあると助かります。

転換点だけでいいんです。
そこで両建てすればいいんですから。
日々、変わると思うけど、いつもいつもカタイの見つけて大きく張って、スパッと損キリすれば、儲かるかな?
とも思ってみる今日この頃ですが、そうは言っても・・怖いっしょ。。

[C9]

コメントありがとう御座います。
よくよく考えてみたら、ある期間の最高値・最安値から、
それぞれ連続しない交互のパターンを取り出すのですから、
ある程度機能するのは、当たり前なのかもしれません。
他に用いるのは、ZigZagでも良さそうですし、仰るとおりその結果を
何に使えるかが問題ですね。
これだけでトレードするのは、確かに怖すぎます。(--;
  • 2007-03-19
  • 投稿者 : 閃石
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索