無料カウンター テクニカル(チャート)分析の応用により、FXのオリジナル売買法を考える(だけ) |2007年01月

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作★TDT(TDトレンド)

価格消耗を捉える反トレンド(手仕舞い)指標です。

U(UP)と D(Down)で方向を示しました。

tdt.gif

スポンサーサイト

自作★TD Diffencial (TDディフ)

見込みの有りそうなシステムを思いついたので、そちらに注力
していました。
色々確認していたところ、追加のフィルターが欲しくなってきたので、
試しに作ってみました。

TDディフ(TD Diffencial)
tddif.gif


チャート上に表示された*(変更可能)に対する終値の位置に
より、その後の値動きを判断します。

継続期間等ルールが有りますが、詳細は後日…?

追記:TDディフ詳細について
チャートを交えながら説明しないとわかりにくいので、Wordで
まとめた文章(チャート分析テクニックが分かりにくいので、
自分なりにまとめたファイル)を元に編集しました。

Yahooブリーフケースにindicator docフォルダを追加しました
ので、そちらを閲覧ください。

Wordを持っていない方は、Word Viewer 2003
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=95e24c87-8732-48d5-8689-ab826e7b8fdf&displaylang=JA
をダウンロードして、Wordファイルを見られてください。

内容に誤りがありましたので、削除

TDシーケンシャルについて、内容に誤りがありましたので、
記事削除しました。
実際に動いているチャートで確認するべきだったと反省…。

自作★TD CROPとTD CROPWIN

・TD CROP
買いサインは、当日の寄り付き(Open)が前日の終値と始値
よりも安く、かつ、当日の高値が前日の終値と始値よりも
高い事が条件です。
売りサインはその逆です。

20070122012248.gif

赤と青の矢印がTD CROPです。

たくさんシグナルが出ますが、その分騙しが非常に多いです。
…ですが、見事に価格反転を捉える事がありますので、
他のインジケーターを上手くフィルターとして用いれば、
大化けする可能性もあります。

・TD CROPWIN

続いてTD CROPWINです。
当日の始値と終値が前日の始値と終値に挟まれている
必要があります。
買いサインは、前日の終値が始値よりも下に位置し(下落)、
当日の終値が始値より上(上昇)の場合です。

20070122005807.gif


どちらも、非常に単純な仕組みで気に入っています。
これぐらい明瞭で簡単なルールだと、汎用性が高いので、
これをベースにオリジナルインジケーターなども考えたいと
思います。

当面の目標としては、TD CROPWINと統合させて設定一つで簡単
に切り替えられるものを作りたいと思います。
(TRUE、FALSE辺りを使ったりして、機能切り替えを憶えたいなと…)

トラックバック受付全面禁止

情報商材の踏み台にされるのは不愉快ですので、
トラックバックの受付は全て禁止しました。

…操作間違いで、過去の記事をいくつか消してしまいました。

終値ベースのTDライン

始値も含めてやっていたのですが、TDポイントが出現しすぎて
どうにも収拾がつかなくなり、終値のみを利用することにしました。

…レベル1では終値ベースでは、シグナルが多かったので、
レベル2に上げて確認することにしました。

終値で引いたトレンドラインは予想以上に、良い感触です。

ただ、これもTDST(終値ベース)で確認した通り、明確な
差はありません。

やはり、フィルターとして別指標が必要です。
TDポイント描画の簡単なインジケーターは、TDダブルTDポイント
に流用できそうなので、そちらを頑張ってみようと思います。

TDST C1_Close

>FXでは業者によって高値・安値の長さ(俗に言われるヒゲ)が異なります。
>ヒゲの頂点同士を結びつけたトレンドラインは、業者によっては
>傾斜角度が著しく異なるのでは?
>そもそも、摘出されるべきTDポイント自体が、誤っていることも
>あるのでは?
>と疑問を持ちました。

よくよく考えてみたら、TDSTも高値・安値を基準に求めていました。
試しに、終値ベースで表示させてみたのですが…

なかなか、良く機能します。
ただ、従来と今回の物同様、機能するときと機能しないときがあります。
価格の種類で考えるよりも、他のフィルターを用いた方が良い結果
を生み出しそうです。

…TDポイントについても同様だと思いますが、一応確認はしてみます。

TDラインとTDポイント ロー・ハイ

TDSTの最低基準を満たせたので、他の道具を作ろうと思います。

 TDポイントロー…例えばレベル1は、前後により高い安値を
持つ安値。さらに付加条件として、2日前の終値(真の安値)
よりも低い安値で有ることも必要とします。
レベルが上がる毎に、必要とされる期間が増えていきます。
TDラインは、これらの摘出されたポイントうち、直近の2つを
結びつけ、トレンドラインを描きます。
明確な規則性があり、誰が描いても同じトレンドラインに
なるので、プログラムによる再現が可能となります。

 TDラインの再現インジケーターとしては、mouteki等が有名です。
moutekiのTDポイントロー・ハイの設定は、安値・高値を基準
とされているようです。
…これで正しいのですが、FXでは業者によって高値・安値の長さ
(俗に言われるヒゲ)が異なります。
ヒゲの頂点同士を結びつけたトレンドラインは、業者によっては
傾斜角度が著しく異なるのでは?
そもそも、摘出されるべきTDポイント自体が、誤っていることも
あるのでは?
と疑問を持ちました。

 そこで、始値・終値ベースでTDポイントロー・ハイを定義し、
TDラインを作成する事にしました。
つまり、ヒゲを排除した実体のみで、考えようと言うことです。

高値・安値を基準とした場合、レベル3くらいまでは比較的
出現頻度が高いと思いますが、終値・始値を基準とした場合、
レベル3では出現頻度が心配です。
(出現しないということは、トレンドラインの描画自体が激減します)

私自身のレベルを考え、TDポイントの採用レベルは1を選択する
事にしました。
moutekiを編集するのが一番早いのですが、ソースが難しく
また長いため、把握しきれません。
…試作バージョンなんてあったら、編集しやすかったかも
しれないです。


TDポイントの描画だけでもと、出来る事から頑張ってみようと思います。

TDST c1

>トレンド相場の場合、支持抵抗線に対して縦線で繋がりますが、
>これは無い物と考えてください。

少々強引ですが、この問題も改善しました。

tdst_c1.gif


インジケーターは、Yahooブリーフケースに上げておきました。

TDST 現状の注意点

トレンド相場の場合、支持抵抗線に対して縦線で繋がりますが、
これは無い物と考えてください。

現状のTDSTは、下の通り表示されてしまいますが、

tdst_t1.gif


実際の支持抵抗線は、この様なイメージで考えてください。

tdst_t2.gif


(一番下の抵抗線(赤)を一本書き忘れました)

TDST a4.02

>1.関数の繰り返し処理の記述がよく分からないため、
>(while辺りを用いるのだと思いますが)
>現状、TDST描画期間調整

forを使ってクリアしました。
まだまだ、強引さは否めませんが、ちょっとマシになりました。

a4.02より、描画期間調整が可能になりました。
パラメーター設定に追加された
LengthOfLineUp (上値抵抗線;青の期間)
LengthOfLineDown(下値抵抗線;赤の期間
の入力値を変えることにより、TDSTのライン描画期間を変化させる
ことができます。

例えば、上昇トレンドの時は、下値抵抗線の値を大きくする等
すれば、扱いやすいと思います。

インジケーターはYahooブリーフケースよりご利用ください。

プログラミング出来る方にとっては当たり前な仕事ですが、
素人の私にとっては、少々の進歩でもとても嬉しくて…
楽しんでいます。

TDST a4(アフォー)

とりあえず、使えると思います。
オブジェクトを使わずにバッファを使い、一定期間のTDSTを
描画させてみました。

現状の問題

1.関数の繰り返し処理の記述がよく分からないため、
(while辺りを用いるのだと思いますが)
現状、TDST描画期間調整や、ブレイクアウト後の描写停止
処理が行えません。
はっきり言って、無理矢理なソースですので、嘲笑しつつ
も、助言頂けると助かります。

2.連続的な上昇(下落)相場の場合、短い期間で同方向のTDST
が更新するのですが、ラインが繋がってしまっています。
…この状態でも使用にそれほど支障ありませんので、最悪、この
段階で諦める可能性も…
って、あれ?何か微妙に移動平均線っぽいですね。

tdsta4.gif


一応、使えることは使えますので、yahooの方へ上げて
置きます。

バージョンはa4(アフォー)です。

活動状況

td_move2_0116.gif

tdst0116.gif

lb_0116.gif

修正や自作等々

今までに公開したものの修正や、新たに作成中の物などを
Yahooのブリーフケースに入れてきました。

この前、初めてYahooのブリーフケースを使ったのですが、
思っていたよりもアップローダーが扱いやすく、ファイル形式に
制限が無いので、今後ここに上げることにしました。

http://briefcase.yahoo.co.jp/amosite_indicator


TDSTは、問題解決に繋がりそうなアイディアを思いつきました。
しかし、上手くいったとしても時間がかかると思いますし、
完成できないかもしれませんので、β版を公開します
(ブリーフケースに入れました)。

自作★TDムービングアベレージ?のトレンドチェッカー

CCIFilterを基に、TDムービングアベレージ?でのトレンド
チェックを出来る物を作ってみました。

tdma2check.gif

追記を表示

自作★ほぼTDムービングアベレージ?

TDSTは、とりあえず保留ということにして、簡単に作れそうな
TDムービングアベレージ?を作成することにしました。
(既存インジケーターで代替出来る物があると思います)

仕様は、単純に終値ベースの3期間と34期間の単純移動平均線を
変化率(上昇か下降)によって着色するだけです。
(白黒の書籍でチャートのカラー説明されても少々困ります)

3期間の単純移動平均線は、2期間前の移動平均より上か下か
34期間の単純移動平均線は、1期間前より移動平均上か下か
をそれぞれ比較します。

チャートでは、上昇は青、下落は赤で示しています。
(2期間前の移動平均と同じ場合(保ち合いと判断します)は、
着色されません。この部分だけオリジナル要素というか手抜きです)

長期時間枠でのトレンド確認に適していると思います。

tdma2.gif

追記を表示

妄想★TDST作成困難

最近は売買法を考えるというより、インジケーター作成を
楽しんでいます。

現在検討中なのが、TDシーケンシャル等のフィルターとして活
用できるTDSTです。
単純に支持・抵抗線としても使えますので、これが自動
描画できれば、非常に心強いです。

…すでにMouteki辺りに組み込まれている機能かもしれ
ませんので、そちらも確認しようと思っています。

一応、それっぽいものは作成したのですが、下記問題が解決
出来ないため、公開には至りません。

下記チャートがそれっぽい物です。
青と赤の水平線がそれなのですが…
tdstb.gif



1.特定期間の真の高値と安値が上手く指定できない。
 (単純に私の能力の無さが原因)

2.TDSTラインを価格が突破した場合、その時間でライン
  描画を停止させたいが、停止出来ない。
  (水平線とトレンドラインで検討しているが、どちらも
  勝手に延長されてしまうため)

3.2を解決する次作として、価格を突破した場合、一定期間が
  過ぎてから(10期間くらい)ラインを消すようにしたいが、
  上手く実現できない。

4.ラインを消す仕様であるなら、バックテストが出来るよう
  バックステップ機能も盛り込みたい(難しいです)。

少々勉強してから完成させようと思います。

…面倒ですが、手動で水平線を引いてもTDSTに変えられるので、
諦めて手作業で妥協するかもしれません。

修正★TDムービングアベレージ?未満

以前にアップした、TDムービングアベレージ?作成失敗の
インジケーターに不具合ありましたので、修正と若干の
改良を加えました。

不具合ですが、新たなバーに対して常に更新するように
していなかったので、チャートを切り替えたり、時間枠を
変えないと自動更新出来ないようになっていました。

たぶん、TDチャネルもこの不具合抱えています。

例によって…

”使用については自己責任”
”恥ずかしいので、二次転載は不可”
に同意いただけましたら、ご自由にお使いください。

拡張子のtxtをex4に変更の上、ご使用ください。

MovingAverage_Customv04a.txt

Appendix

プロフィール

閃石

Author:閃石
自らのスキルアップを目的として、細々と運営していきます。共にスキルアップを目指しましょう

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。